いつもきれいな状態に!調理器具のお手入れ方法

>

意外と汚れているレンジのお手入れ

レンジのお手入れ

意外とレンジは汚れが溜まりやすい場所といえます。
特に中の左右の壁や天板、通気口はよく汚れるポイントになります。
ターンテーブルのついているものであれば、その下なども要チェックです。
レンジのお手入れでも活躍してくれるのが「重曹」です。

使い方は簡単です。
重曹を溶かした水をレンジで加熱します。
レンジの種類にもよりますが、3分から5分くらいが目安です。
その後、すぐにはレンジを開けずに30分程度放置します。
つけ置きのようなイメージで、汚れを柔らかくしてくれる効果があります。

最後にいらない布などで内部をふき取り、完了です。

特に頑固な汚れには中性洗剤や重曹をしみこませたキッチンペーパーをレンジの庫内に張り付けておき、つけ置きするという方法も効果的ですよ。

洗いにくいもののお手入れ

最後に、洗いにくい小物たちの洗いかたのコツをご紹介します。

・ザル
使用した食材などが目に詰まってしまい、きれいに落ちないことがあります。
大き目のボールなどにお湯を張り、そこにザルをたたきつけるようにすると目詰まりが落ちやすくなります。
洗うときには古い歯ブラシなどを活用すると、網目の間も綺麗にすることができます。

・おろし金
大根おろしや生姜おろしなどを作るときに活用するおろし金。
細かな食材カスが落ちにくいことがあります。
ここでも古い歯ブラシが大活躍します。
歯に沿って擦ってあげる事できれいに落とすことができます。

・茶渋の落とし方
湯飲みなどにこびりついた茶渋には、スーパーで肉などが入れられている発泡トレイが便利です。
ぬるま湯の中で発泡トレイを使って擦ると、きれいに落とすことができます。


この記事をシェアする