いつもきれいな状態に!調理器具のお手入れ方法

>

普段難しい場所のお手入れ方法

グリルのお手入れ

汚れがひどくない場合には、台所用洗剤を含ませた、いらない布などで汚れをふき取ります。
そのあと乾いたいらない布で余分な洗剤や水分をふき取れば終了です。
初めに洗剤を付けすぎると、後でふき取りにくくなってしまいますので、少量にするか薄めるなどで対応してくださいね。

しっかりとお手入れしたい場合は、分解できる部分は分解し、中性洗剤でつけ置きします。
内部の手の届かない部分には布を巻いた割りばしなどで対応できます。
内部のつけ置き出来ない汚れには、キッチンペーパーなどに中性洗剤などをなじませて、ペタッと張り付けておきます。
しばらくそのままつけておき、よごれをやわらかくしてからお掃除すると効率的です。

グリルは使ってすぐにお手入れするのが理想ですが、熱くなっているとやけどの危険もありますので、十分に注意して行ってくださいね。

コンロ周りのお手入れ

コンロのお手入れのコツは、汚れたらこまめに拭いておくことです。
どんな汚れにも入れることなのですが、時間が経ってしまうとこびりついてしまい、なかなか落ちなくなってしまうのです。

コンロをきれいにするには、ゴトクを取り外します。
ゴトクは中性洗剤でつけ置きや、煮沸で汚れを落とすことができます。
台は中性洗剤できれいにふき取ります。
この時、硬い素材でがりがり汚れを削り取るのは、台を傷つけることになるためやめておきましょう。

バーナー部分は古い歯ブラシなどで細かな部分もお手入れすることができます。
この部分は火にかかわる場所なので、水分はしっかりと絞るなど、あまりびちょびちょにならないように注意してくださいね。


この記事をシェアする