いつもきれいな状態に!調理器具のお手入れ方法

調理器具のお手入れテクニック

鍋やフライパンの日常でできるお手入れ方法

皆さんは、お料理は好きですか?
最近はおしゃれな調理器具や可愛いものもたくさん売られており、作るだけではなく、使っていても楽しく調理や料理ができるようになってきました。
鍋やフライパンなんかでも、こびりつき防止や軽いものなど、より料理がしやすいものがあります。
便利なものがあると料理をするのが楽しみになってきますよね。

そんな料理の相棒音も言える調理器具ですが、適切にお手入れができていないと、寿命を早めてしまったり、汚れが目立つようになってしまったりしてしまいます。

このサイトではそれぞれの調理器具の適切なお手入れを見ていきたいと思います。
毎日使う鍋やフライパンをはじめ、お手入れの難しいグリルなどの方法をご紹介します。
日ごろのお手入れはもちろん、少し時間たってしまったものや、年末の大掃除などに使えるテクニックもご紹介しています。
どの方法も難しいものではなく、また道具も自宅にあるものなどで簡単にできるので、ぜひ試してみてくださいね。

調理器具は基本的に使ったらすぐに洗うことで、ひどい汚れなどは防止することができます。
特にあぶら汚れなんかは放置してしまうと固まってしまい、ほこりなどを取り込んでより落ちにくくなってしまいます。
ついつい後回しにしてしまいがちなものもたくさんありますが、できるだけ早め早めにきれいにするように意識してみてください。

いつも気持ちよくおいしいお料理を作るためにも、お手入れをしっかりと行い、きれいな調理器具を維持したいですね。

楽しくお料理をするために

煮物を煮たり、お湯を沸かしたり、様々な使い方をすることができる、鍋。 食材を炒めたり焼いたりするプライパン。 この二つはとてもよく使われている調理器具です。 それだけに正しくお手入れをして、長く使っていきたいですよね。 素材によって多少お手入れ方法が変わるので、順番に見ていきましょう。

普段難しい場所のお手入れ方法

毎日使うコンロや、掃除が難しそうなグリルのお手入れ方法をご紹介します。 コンロは毎日使っているとどんどん汚れは溜まっていきますし、グリルは奥行きがあり、手が届かない部分もあるため完全にきれいにするのは難しそうに見えます。 お手入れの方法を見ていきましょう。

意外と汚れているレンジのお手入れ

レンジは調理器具の中でも意外と汚れている場所といえます。 食材を温めていると細かい粒が飛んでしまうことがあります。 また、まれに小さく爆発してしまうことがあり、そんな時にはレンジ庫内が大惨事になることも。 ここではレンジのお手入れ方法をご紹介します。